ブレニアスエクスチューンB76ML・A(23新仕様)実釣繰り返した後の感想!チヌ専用ロッドの醍醐味

23ブレニアスエクスチューンB76MLを購入し実釣繰り返したのでここら辺で感想をお伝えしようと思います。

僕は19ブレニアスを所有していたこともあり数多くのチヌゲーム専用ロッドを使ってきた経験があります。

その経験も活かしつつ新しく手にした23ブレニアスエクスチューンB76MLの個人的な感想をお話しようと思います。

23ブレニアスエクスチューンの特徴

23ブレニアスエクスチューン
シマノ 23ブレニアスエクスチューンはチヌ(クロダイ)ゲームに特化した専用ロッドで、現代のチヌ釣りに最適化された機能を持っています。

初期のブレニアスモデルがティップが固く、強いハリを持つ設計であったのに対し、この最新モデルはより柔軟性と剛性を両立させて進化。特に穂先はより柔らかく設計されており、繊細なアタリも逃さず感じ取ることができます。

しかし、その柔らかさとは裏腹に、ベリー部分にはしっかりとしたパワーが備わっており、確実なフッキングを実現します。

軽量でありながら高感度なこのロッドは、長時間の釣りでも疲れにくいのが特徴です。

23ブレニアスエクスチューンは、技術的な進化を遂げたことで、チヌ釣りの可能性をさらに広げる一本に仕上がっています。

ブレニアスにはブレニアスBBとブレニアス、そしてエクスチューンとあり

文字通りシリーズで最高峰に位置するのがブレニアスエクスチューンです。

今回僕が購入したのは4種類あるロッドのうち唯一のベイトロッドB76MLです。

23ブレニアスエクスチューンB76ML実釣感想

23ブレニアスエクスチューン感想
これらの経験を基に、このあと実釣を繰り返したあとの感想をお伝えします。

 

コルクグリップ

個人的にここ見た目好感度アップ!
グリップ・23ブレニアスエクスチューン
好みによるところが大きいですが、僕はコルクグリップが好きです。EVAよりも好きですね。

そしてここグリップサイドスライスになっていて単に丸く加工してあるだけでなく横の丸みを削ることによって

軽さ、操作性などを向上させています。

見た感じあまりわかりませんし、これによって軽くなっているとかはわかりませんが

とても握りやすく軽いロッドの操作性は申しぶんないです。

 

よく入るティップ

ティップ・23ブレニアスエクスチューン
家の中で開封したあと軽く振ってみたときはいうほど柔らかくなくちょっと固めなのかなと感じましたが、

いざ実釣してみるとキャストの際にはリグの重みを自然に乗せて飛ばしてくれるし

ボトムの地質までわかるほど引いてくる際に手元に伝わってくる感度にも貢献していると思います。

またチヌのついばむようなバイトにも弾かずに柔軟に追従してくれます。

 

パワーのあるブランクス

30,40クラスならぶっこ抜ける!
ブランクス・23ブレニアスエクスチューン
チヌ釣りあげて一番驚いたのはブランクスのパワー

アベレージサイズの40センチクラスのチヌなら余裕で寄せて来れるしぶっこ抜けます。

それだけパワーを持っているということの証明でもありますが、

まぁタモで抜くことをおすすめします(苦笑)

 

ダウンロックでしっかり固定

23ブレニアスエクスチューン
これはベイトロッドではほぼあたりまえのようについているものですけど

スピニングによくあるアップロックタイプだと長時間キャスト繰り返しているとここが緩んできてしまうのです。

これ、ほんのちょっとしたことですけどかなりストレスになります。

それと比べてダウンロックタイプはしっかり回して最初に固定できていればほぼ100%ずれることはないです。

 

モノコックグリップ

ブルブル脇下まで伝わる感度
モノコックグリップ・23ブレニアスエクスチューン
19ブレニアスも使っていた自分が

今回一段上のクラスのエクスチューンを選んだ最もたる理由がこのモノコックグリップです。

ほかの釣り種のロッドでもここ何年かずっと新調するロッドはカーボンモノコックグリップのものを選ぶようにしています。

これは軽量化に貢献できるほか、手元さらには脇の下にまで伝わってくる感度にも直結していて利点しかないと思っています。

 

フックキーパーを後付け


フックキーパーは後付けしました。

無くてもいいものなのですけど僕はベイトロッドに最初からフックキーパーが付いていないときには必ずこれを買って自分でつけてます。

リールに掛けたりすると傷がつくこともあるし、これなら安いしゴム部分の替えも入っているし超便利です。

まとめ

23ブレニアスエクスチューン
いかがでしたでしょうか?僕の周りでチヌゲームしているひとのほとんどは誰かの影響もあってかD社のそれ専用のものを使っている人が多いですけど、

あまのじゃくの僕wwはコルクグリップであり、ブラックにところどころ紫が入ったデザインがカッコイイと感じていて

元々リールはずっとシマノ派なのでシマノに拘ったのもありモノコックグリップだったので迷わずこれを購入しました。

ほんといいものは長く使えるし、買って良かったと思います。

この1本に行きつくまでに遠回りしましたがやっぱり専用ロッドはそれなりにチヌに特化した性能に磨き上げらているので違いがわかりました。

そのあたりのブレニアスエクスチューンB76MLに至った経緯を後日またお話します。